がん治療

がん治療
医療法人回生會 新宿溝口クリニック 医師・歯科医師向けセミナーのご案内
栄養療法で毎日を元気に、穏やかに生きる。がん治療には、栄養摂取が必要不可欠です。標準的な化学療法や手術・放射線療法を行った患者さん方が治療後に生存した期間と、栄養療法を行った患者さんが生存した期間、双方には明らかな差がみられると言われています。

院長よりご挨拶
溝口 徹

溝口 徹(みぞぐち・とおる)
がん治療において、その過程で失われる体力をどのように回復させるか、またどのように低下を防ぐのか。これらは大きな問題点であるにも関わらず、現在の治療ではなかなか考えられていないことです。
意外に、体力的なことをしっかりと補うことにより、免疫が下がらずにいられ、風邪をひきにくく元気でいる時間が長い、ということがあります。
体力を落とさないということを治療目標に取り入れるだけでも、得られることがあるのです。

詳しいプロフィール

関連ブログ紹介

統合失調症、低血糖症、うつ病
うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際
うつ病、パニック障害、発達障害からがんの治療まで海外で広く実践されている「薬だけに頼らない」オーソモレキュラー療法を紹介します。
投薬治療が中心のうつ病や統合失調症などに多くの実績があり発達障害にも応用されています。
高濃度ビタミンC点滴療法は、がんの治療に新しい可能性を提供します。

健康と栄養
健康と栄養
22年の実績のある栄養療法カウンセラーが子供の健康と栄養を語ります。

オーソモレキュラー療法
携帯からアクセス
qrcode
がん発症を予防する
JUGEMテーマ:健康

繰り返しになってしまいますが、C型肝炎から肝がんが発症する過程には、脂肪肝⇒肝硬変⇒肝がん という過程を経過します。(少々乱暴ですが・・)
他にも肝がんを発症するハイリスクの病態には、NASHがありますが、これも脂肪肝⇒肝硬変⇒肝がん という過程で経過します。

脂肪肝は、内臓脂肪の蓄積の一つであり、脂肪細胞から様々なサイトカインが放出され慢性の局所の炎症が継続していることと同様の状態になります。
炎症性変化が慢性的に継続していると、そこには角化や繊維化が進むようになります。

最近発表された報告でも、肝がん発症の予防のために、脂肪肝からの肝硬変への移行をできるだけ早期に発見することの有用性がしめされていました。
そのためには、肝の繊維化マーカーである4型コラーゲンを測定することを推奨しており、さらにカットオフラインを従来とは異なった厳しい値に設定することの重要性を強調していました。

となるとウイルス性でもアルコール性でもNASHでも、食事の工夫や抗酸化アプローチによる脂肪細胞のコントロールと、ビタミンAを中心とした繊維化の予防・・・つまり栄養アプローチの可能性と重要性がさらに強調されると思います。
| C型肝炎 | 00:07 | comments(0) | trackbacks(0) |


がん発症を予防する
JUGEMテーマ:健康

繰り返しになってしまいますが、C型肝炎から肝がんが発症する過程には、脂肪肝⇒肝硬変⇒肝がん という過程を経過します。(少々乱暴ですが・・)
他にも肝がんを発症するハイリスクの病態には、NASHがありますが、これも脂肪肝⇒肝硬変⇒肝がん という過程で経過します。

脂肪肝は、内臓脂肪の蓄積の一つであり、脂肪細胞から様々なサイトカインが放出され慢性の局所の炎症が継続していることと同様の状態になります。
炎症性変化が慢性的に継続していると、そこには角化や繊維化が進むようになります。

最近発表された報告でも、肝がん発症の予防のために、脂肪肝からの肝硬変への移行をできるだけ早期に発見することの有用性がしめされていました。
そのためには、肝の繊維化マーカーである4型コラーゲンを測定することを推奨しており、さらにカットオフラインを従来とは異なった厳しい値に設定することの重要性を強調していました。

となるとウイルス性でもアルコール性でもNASHでも、食事の工夫や抗酸化アプローチによる脂肪細胞のコントロールと、ビタミンAを中心とした繊維化の予防・・・つまり栄養アプローチの可能性と重要性がさらに強調されると思います。
| C型肝炎 | 00:05 | comments(0) | trackbacks(0) |


肝炎ウイルスと発がん
JUGEMテーマ:健康


尻切れトンボのようになってしまっていました。
肝炎ウイルスと発がんの関係について、まだお伝えしていないところについて・・・。

細胞に対する毒性が強いB型肝炎ウイルスによる感染症では、劇症肝炎にはなる可能性が高いのですが、ガンの発症にいたる確率は低いという事実についてお伝えしました。
またガンに移行する確率が高いC型肝炎ウイルスによる感染の場合は、B型肝炎と比較して劇症肝炎に移行することは少ないのです。

劇症肝炎は、私たち人間が生きていくためにとても重要な臓器である肝臓が、短期間のうちに急激に機能を失い時に死にいたる病気です。つまり肝臓の細胞が強く傷害されて細胞の死にいたる変化が病態の本質です。

ところが肝臓ガンは、肝臓の正常細胞が次々と傷害されガン化していくのではなく、肝臓の中に生じた、遺伝子の変異を持った肝臓ガン細胞が次々と分裂してガン細胞の塊(腫瘍)を形成することが肝臓ガンの本質です。肝炎や劇症肝炎のように肝臓の細胞が傷害され壊れてしまうことが病気の本体ではないということなのです。

C型肝炎から肝臓ガンが発症するまで、ある特徴的な肝臓の組織の変化が認められます。
それは、B型肝炎による肝細胞の破壊ではなく、弱い炎症が長期間にわたり継続し、その結果として肝臓の組織が繊維化を起こしていることです。
C型肝炎から肝臓ガンが発症するまでに、基本的にほとんど全ての場合において、肝臓の繊維化が起こると言うことです。この繊維化が重度になった病態が肝硬変になります。

つまりC型肝炎から肝臓の繊維化を防ぐことで発がんが予防できる・・・あるいは繊維化してしまった肝臓の組織をその状態でとどめておくことが可能であれば、肝臓ガンの発症を防ぐことが可能になる・・・と言う可能性があるのです。

同じようなことが胃に感染するピロリ菌においても当てはまります。

C型肝炎ウイルス感染症と、ピロリ菌感染症・・・普通では結びつかない臓器と原因ですが、こと発がんの予防と言うことから考えるととても似ているアプローチになってきます。
| C型肝炎 | 23:36 | comments(1) | trackbacks(0) |


肝炎ウイルスの特徴
JUGEMテーマ:健康

現在確かめられている肝炎の原因になるウイルスは、A型、B型、C型の3種類です。
それぞれに臨床的な症状に特徴があり、その症状や経過・予後によって悪性度が異なります。

ここでは、特に問題となるB型とC型肝炎ウイルスの違いについて考えてみます。

B型肝炎の特徴は・・・
・劇症肝炎になりやすい
・慢性肝炎では、肝細胞の障害の程度が強い
・肝がんへの移行は少ない

C型肝炎の特徴は・・・
・劇症肝炎になりにくい
・慢性肝炎に移行しやすいが、肝細胞の障害の程度は低い
・肝硬変、肝がんへ移行する確立が高い

とても大雑把ですが、上記のように特徴を分けることが出来ると思います。
B型肝炎は肝細胞障害が強く起こるにも関わらず肝がんへの移行は少なく、C型肝炎は肝細胞障害は弱いにも関わらず肝がんへの移行が高いのです。

この矛盾を理解する為には、ウイルスというものを少し知っておく必要があるかもしれません。
ウイルスは、その構造の中に核がなく遺伝子とその遺伝子を取り囲むタン白質が主な要素である単純な生き物というか物体です。というのは、自分だけでは生存できないことが特徴だからです。
そのため、ウイルスは自分が持つ遺伝子を、宿主の細胞へ組み込んで自らの子孫を残し増殖することになります。
このウイルスがもっている遺伝子がDNAとして情報を持っているのか、RNAとして情報をもっているのかといことで、DNAウイルスとRNAウイルスに分けることが出来ます。

肝細胞への障害の程度が強いB型肝炎ウイルスはDNAウイルスであり、C型肝炎ウイルスはRNAウイルスになります。
| C型肝炎 | 00:44 | comments(1) | trackbacks(1) |


| 1/1PAGES |