がん治療

がん治療
医療法人回生會 新宿溝口クリニック 医師・歯科医師向けセミナーのご案内
栄養療法で毎日を元気に、穏やかに生きる。がん治療には、栄養摂取が必要不可欠です。標準的な化学療法や手術・放射線療法を行った患者さん方が治療後に生存した期間と、栄養療法を行った患者さんが生存した期間、双方には明らかな差がみられると言われています。

院長よりご挨拶
溝口 徹

溝口 徹(みぞぐち・とおる)
がん治療において、その過程で失われる体力をどのように回復させるか、またどのように低下を防ぐのか。これらは大きな問題点であるにも関わらず、現在の治療ではなかなか考えられていないことです。
意外に、体力的なことをしっかりと補うことにより、免疫が下がらずにいられ、風邪をひきにくく元気でいる時間が長い、ということがあります。
体力を落とさないということを治療目標に取り入れるだけでも、得られることがあるのです。

詳しいプロフィール

関連ブログ紹介

統合失調症、低血糖症、うつ病
うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際
うつ病、パニック障害、発達障害からがんの治療まで海外で広く実践されている「薬だけに頼らない」オーソモレキュラー療法を紹介します。
投薬治療が中心のうつ病や統合失調症などに多くの実績があり発達障害にも応用されています。
高濃度ビタミンC点滴療法は、がんの治療に新しい可能性を提供します。

健康と栄養
健康と栄養
22年の実績のある栄養療法カウンセラーが子供の健康と栄養を語ります。

オーソモレキュラー療法
携帯からアクセス
qrcode
酸化ストレスと発がん
先週は、大阪で不妊症の治療に関わる医療スタッフの皆さんを対象に栄養と脳の機能の関係や、妊娠と栄養の関係について話をして来ました。
また今週は、肝臓の機能と栄養についての勉強会です。来週は、がんに対するビタミンC点滴療法の研究会もあります。
新年早々(でもないか・・)なかなかハードスケジュールになってきました。

さてこのブログでも何回か酸化ストレスと発ガンについてをお伝えしてきました。
今回の肝臓の勉強会のための準備をしているときにも、酸化ストレスと発ガンの関係についてあらためて重要な関係とその対策についてを勉強しなおしました。

ご存知のように、私たちの体(細胞)には、エネルギーを作るために酸素が必要になります。肝臓のように重要なはたらきをする臓器を構成する細胞は、その機能をはたすために多くのエネルギーを必要とします。
エネルギーを作るためには酸素が必要で、酸素からエネルギーを作るときには、つねに一定の割合で活性酸素が生じます。(酸化ストレスが高まる)

そして発生した活性酸素は、すぐに消去するように多くの防御機能が備わっています。
その代表が、カタラーゼでありグルタチオン関連酵素などになります。
カタラーゼは鉄を必要とする酵素ですし、グルタチオンはアミノ酸(タン白質)そのものです。

肉を控えてタン白質が不足しがちになり、鉄の過剰を気にするあまり、鉄が不足しているような方は、活性酸素を除去する能力が低くなっています。
つまり発生した活性酸素を消すことが出来ず、酸化ストレスが増大することになります。

薬、アルコール、全ての代謝、毒物の解毒・・・多くの代謝に関係する肝臓は、活性酸素を多く作る臓器です。つまり鉄欠乏やタン白欠乏による活性酸素の除去能の低下の影響を強く受ける臓器です。

輸血や血液製剤でウイルス感染を生じ、C型肝炎を生じてしまった方々は、将来的に肝硬変や肝がんになる可能性が高いことを心配します。
本来であれば弱毒性のウイルスであるC型肝炎ウイルスの感染であるのに肝がんに移行する確立が高いのです。

また一方では、ウイルスもいなく、アルコールも飲んでいないのに、肝臓の機能障害が起こるものには、NASH(非アルコール性脂肪性肝炎)というものがあります。
このNASHも、長い年月をかけて肝硬変、肝がんへ移行する確率が高い病気なのです。

C型肝炎にしてもNASHにしても・・・つまりウイルスが居ても居なくても、肝硬変や肝がんへ進行してしまうということです。

この2つの病態に共通することは、肝臓における活性酸素の除去能が低下していることが上げられます。
| がんの予防 | 22:29 | comments(1) | trackbacks(0) |


胃がんとピロリ菌
JUGEMテーマ:健康

日本人に胃がんが多いことは昔から知られていました。
僕らの学生時代には、その理由として日本人は熱いものを食べるからだとか・・・いろいろな疫学的なことが理由として挙げられていました。

ピロリ菌が発見され、その理由がより明確になりWHOからピロリ菌の積極的な除菌の勧告がだされました。しかし日本では、ピロリ菌の除菌は再発を繰り返す胃潰瘍や十二指腸潰瘍のときだけ保険診療で認められました。
除菌が限定された理由は、日本人にはピロリ菌の感染者が多いので、すべてを保険診療で除菌してしまうと保険財政が破綻するためだそうです。

先日、胃がんの手術を終えた患者さんが相談で来院されました。
すでにビタミンCの点滴をしているそうですが、様々な理由で新宿で継続してビタミンCの点滴を行いたいということでした。

お話を伺うと、胃がんが見つかり手術を終えた現在に至るまで、ピロリ菌のことについて主治医からは何の話もなかったそうです。
その患者さんが言うには、外科の先生は『切ることだけ』(手術のことだけ)しか考えていない様だから・・・。(結構、その通りですが・・・)

しかしそれではあまりにもお粗末です。
ピロリ菌の研究は日本ではとても進んでいて、最近は多く報告があります。
特に今年の8月にランセットという世界的な雑誌に、日本人が胃がんの術後のピロリ菌の除菌について報告を行いました。 (The Lancet 2008; 372:392-397)

この結果から、胃がんの術後には、必ずピロリ菌の感染の有無をチェックし、感染陽性の場合には除菌を行うことを、国内の消化器病研究者が集う「JAPANGAST Study Group」が推奨するコメントを出しました。

これほど話題になっているのですが、胃がんの治療中にもかかわらず一回もピロリ菌のチェックを行っていなかったというのは、ある意味で驚きでした。

そしてもうひとつ興味深い報告についてお知らせします。
冒頭で保険財政の問題でピロリ菌の除菌が限定されたことをお伝えしましたが、最近では次のようなことが言われました。
それは、メタボリックシンドロームに対して費用を使うよりも、ピロリ菌の除菌を行う方が、費用対効果の面で優れているというのです。

栄養療法を行っていると、栄養障害の原因のひとつにピロリ菌感染による胃粘膜障害が存在します。ピロリ菌陽性で胃粘膜障害が存在すると、食事からの栄養素の吸収に問題が生じ栄養療法の効果が遅くなることがあります。
そのような方々へピロリ菌の除菌をお勧めすると、近くの内科の先生から保険適応でないから出来ないと言われてきました。早く保険ですべての方へピロリ菌の除菌が行えるようになることを期待します。
| がんの予防 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |


肝ガンの予防(C型肝炎〜肝硬変から)
JUGEMテーマ:健康

余命○ヶ月とか×年とか、疾患の状態からその後の余命の予想ができてしまうことがあります。その代表ががんです。そして重度の肝硬変の場合にもその後は数年後に肝ガンになり、その後に不幸の転機になるということが予想できます。

今日カウンセリングをした60歳代の男性は、新宿を訪れてきてくれたときには、肝硬変があまりにも進行しているため、あと3年と主治医に宣告されていました。
初診時のデータも貧血が進行しヘモグロビンは9以下、最近のブログでも紹介している総合的な栄養状態の指標であるアルブミンが3以下になっていました。

今日は3回目の血液検査後のカウンセリングでした。
貧血は改善し、ヘモグロビンは13.6まで上昇し、全然疲れなくなり息切れもしないそうです。
アルブミンも3.6まで上昇していました。

厳しい宣告をした40歳ぐらいの若い医者は、首をかしげて不思議がっているそうです。

カウンセリング中に、なんとしてもC型肝炎ウイルスを無くしたいと話されていたので、栄養療法によるウイルス対策を提案しました。
C型肝炎ウイルスによる肝硬変は、その後の肝ガンへの移行を阻止しなくてはなりません。
そのためにとても重要な栄養素がビタミンAになります。

この患者さんも、治療初期にはアルブミンが3を下回っていたので、ビタミンAの投与によって掌が黄色になったりしたことと思います。しかし全身状態の改善によってそれらの変化はなく順調にサプリメントが摂取できています。

「まだまだやりたいことがいっぱいある。」
「あの若い医者の言うとおりに数年でがんになって死ぬわけにはいかない」

そんな強い意志も栄養療法の効果を上げていると強く感じた今日のカウンセリングでした。
| がんの予防 | 00:22 | comments(1) | trackbacks(1) |


鉄と発がんの関係について
JUGEMテーマ:健康

鉄の摂取が発がんのリスクを高めると誤解されるような記事があることは前回のブログで紹介いたしました。

実際にその記事の基となる論文を見ると、当然ですが細かく書かれています。
例えば鉄が体内に存在するときには、鉄イオンとして存在したり、トランスフェリンと言うタンパク質と結合して存在したり、ヘモグロビンの構成成分として存在したり、多くの酵素に含まれるヘムという形で存在したり貯蔵鉄としてのフェリチンとして存在したり・・・同じ鉄でも全く異なる物質のように形を変えて存在しています。

さてここで表現のあいまいさが誤解を招く1つの原因になていることに気がつきます。
体内に存在する鉄のうち、鉄イオンが過剰な状態になることは、体内での活性酸素の発現を増し、さらにフェントン反応というフリーラジカル発生の悪循環のきっかけになるため、当然としてがんだけでなく多くの疾患の原因となることを示します。

つまりここでは鉄の過剰ではなく、鉄イオンの過剰状態は危険であるというように明確に表現を区別しなくてはなりません。それは、その他の存在形式で存在している鉄は、なんの問題を生じることが無いからです。

そして次の問題です。
私達の身体は、鉄が非常に重要でありそして上述のように危険をともなう分子であるため、厳重な調節機構(ホメオスターシス)を持っています。つまり通常であれば鉄を食材やサプリメントで摂取しても、体内の危険な鉄イオンが増えないように、何重にもセーフティー機構が準備されています。

先ずそのセーフティー機構のトップバッターであり有力選手は、私達の小腸の粘膜上皮です。消化吸収の最初の段階で鉄が過剰にならないように準備されています。
この大切なセーフティー機構を通らずに鉄が体内にはいることがあります。
それは、鉄剤の点滴や注射などによる投与です。

鉄剤の点滴や注射は、鉄のお薬を飲んでもらうと多くの女性が気持ち悪さを訴えます。
そのために鉄を飲んでもらう代わりに点滴をすることになるのですが、それは鉄イオンを体内で急激に増す可能性がある危険な治療法となるわけです。

この先も鉄とがんの関係についてお伝えする予定です。
| がんの予防 | 23:16 | comments(0) | trackbacks(0) |


鉄と発がんの関係について
JUGEMテーマ:健康

鉄の摂取が発がんのリスクを高めると誤解されるような記事があることは前回のブログで紹介いたしました。

実際にその記事の基となる論文を見ると、当然ですが細かく書かれています。
例えば鉄が体内に存在するときには、鉄イオンとして存在したり、トランスフェリンと言うタンパク質と結合して存在したり、ヘモグロビンの構成成分として存在したり、多くの酵素に含まれるヘムという形で存在したり貯蔵鉄としてのフェリチンとして存在したり・・・同じ鉄でも全く異なる物質のように形を変えて存在しています。

さてここで表現のあいまいさが誤解を招く1つの原因になていることに気がつきます。
体内に存在する鉄のうち、鉄イオンが過剰な状態になることは、体内での活性酸素の発現を増し、さらにフェントン反応というフリーラジカル発生の悪循環のきっかけになるため、当然としてがんだけでなく多くの疾患の原因となることを示します。

つまりここでは鉄の過剰ではなく、鉄イオンの過剰状態は危険であるというように明確に表現を区別しなくてはなりません。それは、その他の存在形式で存在している鉄は、なんの問題を生じることが無いからです。

そして次の問題です。
私達の身体は、鉄が非常に重要でありそして上述のように危険をともなう分子であるため、厳重な調節機構(ホメオスターシス)を持っています。つまり通常であれば鉄を食材やサプリメントで摂取しても、体内の危険な鉄イオンが増えないように、何重にもセーフティー機構が準備されています。

先ずそのセーフティー機構のトップバッターであり有力選手は、私達の小腸の粘膜上皮です。消化吸収の最初の段階で鉄が過剰にならないように準備されています。
この大切なセーフティー機構を通らずに鉄が体内にはいることがあります。
それは、鉄剤の点滴や注射などによる投与です。

鉄剤の点滴や注射は、鉄のお薬を飲んでもらうと多くの女性が気持ち悪さを訴えます。
そのために鉄を飲んでもらう代わりに点滴をすることになるのですが、それは鉄イオンを体内で急激に増す可能性がある危険な治療法となるわけです。

この先も鉄とがんの関係についてお伝えする予定です。
| がんの予防 | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) |


ガン細胞を悪性化させないために
JUGEMテーマ:健康

ガン細胞の悪性度が上昇するメカニズムに、カルシウム代謝のトラブルが関係することをお伝えしました。

それでは、ガン細胞の悪性度を上昇させず、眠った子を眠ったままにしておくために、どのようなことができるのでしょうか?
今回は、カルシウム代謝を整えることについて絞って考えてみたいと思います。

すでにお伝えしたようにカルシウムはとても重要なミネラルなので、骨などに大量に貯蔵されていて、血液中のカルシウムを常に一定にするように調整されています。
カルシウムの摂取が少なく(日本人は不足しています)充分な量のカルシウムが得られていない状態では、細胞がカルシウムの要求を増します。

そうすると、副甲状腺ホルモンが分泌され次のような働きでカルシウムを維持しようとします。

/材に含まれるカルシウムの小腸からの吸収を増やそうとする
骨に含まれるカルシウムを血液中に動員する(骨がもろくなる)
細胞の中へのカルシウムの取り込み量を増す

さてここで注目してください。
カルシウムの摂取が少ない、カルシウムの不足状態では、上記 銑の反応によって細胞内のカルシム濃度が上昇します。
つまりカルシウムが不足すると細胞内のカルシウムは増えてしまうのです。

細胞内と細胞外のカルシウムの特徴は、前回にお伝えしたように1万倍の濃度差を保つことが何よりも大切なことです。
カルシムが不足すると、この大切な濃度差が小さくなってしまうのです。

そんなときに、眠っていたガン細胞が刺激され、活動性を増すきっかけになっていることが知られるようになりました。

簡単なことですが、カルシウムを充分に摂取しておくことは、ガン細胞への刺激を減らす日常で出来ることの一つなのです。
| がんの予防 | 12:28 | comments(0) | trackbacks(0) |


がんと免疫
これまでお伝えしたようにガンが生じる可能性が高くなる原因は意外と身近なところにあることをお伝えしました。
一般的にはフリーラジカルが増加するとガンの発生の危険性が増すのですが、フリーラジカルが増加したからと言って、そのような状況の方が全員ガンになるのではありません。

極端な例ですが、AIDS(エイズ)の患者さんの多くはカポジ肉腫というガンの1種に罹患します。
AIDSは後天性免疫不全症候群という名前の病気です。HIVという名前のウイルスの感染によって、免疫が働かなくなります。
免疫が働かなくなると、風邪にかかりやすくなったり、かかってもなかなか治りません。普通では感染しないような弱い最近やウイルス、カビなどにも感染してしまいます。

このことから分かるように、私たちが持っている『抵抗力』と言う感覚の『免疫』が、感染症の予防だけでなくガンの発症も予防しているということができます。
健康な我々も、もしかすると日夜発生する微小なガンを自分の免疫で殺し、いわゆるガンと分からない状態で未然に防いでいると言えるかもしれません。

どのように私たちがガンを未然に防いでいるのかについて、何回かにわたりお伝えしようと思います。
| がんの予防 | 23:11 | comments(0) | trackbacks(0) |


| 1/1PAGES |