がん治療

がん治療
ご挨拶
溝口 徹

溝口 徹(みぞぐち・とおる)
がん治療において、その過程で失われる体力をどのように回復させるか、またどのように低下を防ぐのか。これらは大きな問題点であるにも関わらず、現在の治療ではなかなか考えられていないことです。
意外に、体力的なことをしっかりと補うことにより、免疫が下がらずにいられ、風邪をひきにくく元気でいる時間が長い、ということがあります。
体力を落とさないということを治療目標に取り入れるだけでも、得られることがあるのです。

詳しいプロフィール

関連ブログ紹介

オーソモレキュラー療法
うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際
うつ病、パニック障害、発達障害からがんの治療まで海外で広く実践されている「薬だけに頼らない」オーソモレキュラー療法を紹介します。
投薬治療が中心のうつ病や統合失調症などに多くの実績があり発達障害にも応用されています。
高濃度ビタミンC点滴療法は、がんの治療に新しい可能性を提供します。

オーソモレキュラー療法
携帯からアクセス
qrcode
<< 再発癌への化学療法 | トップページへ | がんの本執筆のために資料集め >>
術後化学療法について
JUGEMテーマ:健康

前回は、卵巣がんの手術をしたあとに、早期から化学療法を施行しても症状がでてから化学療法を施行しても生存期間に差がなく、早期から抗がん剤を使わない方が生活の質を高く保てるという報告についてをお伝えしました。

『抗がん剤の効果がある』

と判断するのは、これまでは癌の大きさを小さくすることが出来るかどうかで判断されていました。
ところががんが小さくなってもすぐにまた大きくなってしまいます。そして抗がん剤の効果があるかどうかは、ガンの大きさを小さくすることではなく、患者さんの生存期間を延長することで判断すべきという考え方に変化してきました。

今回ご紹介した報告は、抗がん剤をいつ投与するべきかということで症状が出てからでも早期に投与したときと差がないことを示しました。
ところが、もしこの比較に抗がん剤を用いなかったグループがあったとしたら、どのような結果になったのでしょう?

標準治療といわれている放射線療法や化学療法を行なわない・・・・・ということは、それ以上治療手段がないために主治医にとってはとても辛くはがゆい状況になります。さらに、実際の患者さまを対象とした比較試験として倫理上認められないでしょう。

ところが自主的に手術後の放射線や抗がん剤治療を拒否される方々がいらっしゃいます。
卵巣がんではなく、胃がんを患った患者さんになってしまいますが、見つかったときには進行がんで標準的には術後の抗がん剤を行なうのですが、それらの一切拒否され栄養療法だけを行なった方々がいらっしゃいます。
すると手術だけを受けて、その後の抗がん剤治療を受けなかった患者さんのグループの方が標準治療をしてきた患者に比較して圧倒的に生存期間が延長されるという報告があります。

がんの治療方法の効果を評価する基準を、生存期間の延長とすると術後に何もしないことが一番効果的だったのです。
これは、癌の種類が胃がんであったことと、術後に栄養療法はしっかりと行なっていたことなどが一般の場合とは条件が異なることをお断りしておきます。

また常に考慮しなくてはいけないことは、ガンの治療の場合には一般論と患者さんの個人個人の各論を一緒にしてはならないということです。
たとえ80%の方が10年間生存するというデータがあったとしても、自分や自分の家族が当事者である場合には20%に入ってしまってはいけないのです。

ただ今回ご紹介した卵巣がんと胃がんの術後の治療の報告は、盲目的に術後に抗がん剤を投与することへの警告であることは確かだと思います。



| がんの治療 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |


コメント
コメントする
※ 投稿コメントは基本的にブログ内にて公開されます。非公開を希望される場合には、本文にその旨をご記載ください。個人情報(本名・メールアドレス)などの記載がある場合は、コメントの内容に関わらず非公開となります。
投稿者様側での編集・削除は行えませんのでご注意ください。削除依頼をいただいてもすぐにご対応できない場合があります。
また、個人的な症状の判断やお薬などの処方についてはお答えできません。
詳しくは、ブログ『統合失調症、低血糖症、うつ病』2013.1.23の記事をご覧ください。







この記事のトラックバックURL
http://healcancer.jugem.jp/trackback/181
トラックバック