がん治療

がん治療
ご挨拶
溝口 徹

溝口 徹(みぞぐち・とおる)
がん治療において、その過程で失われる体力をどのように回復させるか、またどのように低下を防ぐのか。これらは大きな問題点であるにも関わらず、現在の治療ではなかなか考えられていないことです。
意外に、体力的なことをしっかりと補うことにより、免疫が下がらずにいられ、風邪をひきにくく元気でいる時間が長い、ということがあります。
体力を落とさないということを治療目標に取り入れるだけでも、得られることがあるのです。

詳しいプロフィール

関連ブログ紹介

オーソモレキュラー療法
うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際
うつ病、パニック障害、発達障害からがんの治療まで海外で広く実践されている「薬だけに頼らない」オーソモレキュラー療法を紹介します。
投薬治療が中心のうつ病や統合失調症などに多くの実績があり発達障害にも応用されています。
高濃度ビタミンC点滴療法は、がんの治療に新しい可能性を提供します。

オーソモレキュラー療法
携帯からアクセス
qrcode
<< がんと栄養の本がいよいよです | トップページへ | がんの本出版と講演会のお知らせ >>
ビタミンDとがん
JUGEMテーマ:健康


またまたご無沙汰になりました。
がんの本は、やっと書き上げ現在は出版社でチェックを受けているところです。
7月10日の栄養療法の講演会に間に合わないことがわかり、とても残念です。
7月14日頃が発売予定日だそうです。

さて、本日は京都で行なわれていた日本抗加齢医学会総会で、免疫とビタミンDについて講演をしてきました。
その講演の資料では、免疫との関係をつたえるために、ビタミンDとがんの関係についても触れました。

血中のビタミンD濃度が低い場合には、高い人たちと比較して、大腸がんや乳がんの発症が2倍になる。
がんを患っている方々では、血中のビタミンD濃度が高いほどお亡くなりになる率が低い。

このようなこれまで分かっているビタミンDとがんの関係についてを紹介しました。
また、なぜビタミンDががんに対して効果があるのか・・

この点については、ビタミンDが持つ人の身体の中での機能から説明することができます。
ビタミンDは、正常でも人の遺伝子の約3%を制御していると考えられています。
その働きの多くは、細胞の分化や増殖の調整です。
この作用は、すなわち正常細胞が正常な細胞分裂を継続できるための機能であり、がん細胞が異常な増殖をしないように直接抑制する作用になります。
またビタミンDは、抗菌ペプチドを誘導しあらゆるウイルスや細菌などから感染に対して抵抗力を増す作用を有しています。
がんの患者さんでは、ちょっとした風邪などの感染症がきっかけでがん細胞の活動性が亢進したり、発熱などによって急に体力が衰えてしまったりします。

このように多面的な作用によってビタミンDはがんというよりも、がんを持つ人の身体全体に対して効果的な作用を発揮してくれるのでしょう。

| がん一般 | 00:27 | comments(0) | trackbacks(0) |


コメント
コメントする
※ 投稿コメントは基本的にブログ内にて公開されます。非公開を希望される場合には、本文にその旨をご記載ください。個人情報(本名・メールアドレス)などの記載がある場合は、コメントの内容に関わらず非公開となります。
投稿者様側での編集・削除は行えませんのでご注意ください。削除依頼をいただいてもすぐにご対応できない場合があります。
また、個人的な症状の判断やお薬などの処方についてはお答えできません。
詳しくは、ブログ『統合失調症、低血糖症、うつ病』2013.1.23の記事をご覧ください。







この記事のトラックバックURL
http://healcancer.jugem.jp/trackback/186
トラックバック