がん治療

がん治療
医療法人回生會 新宿溝口クリニック 医師・歯科医師向けセミナーのご案内
栄養療法で毎日を元気に、穏やかに生きる。がん治療には、栄養摂取が必要不可欠です。標準的な化学療法や手術・放射線療法を行った患者さん方が治療後に生存した期間と、栄養療法を行った患者さんが生存した期間、双方には明らかな差がみられると言われています。

院長よりご挨拶
溝口 徹

溝口 徹(みぞぐち・とおる)
がん治療において、その過程で失われる体力をどのように回復させるか、またどのように低下を防ぐのか。これらは大きな問題点であるにも関わらず、現在の治療ではなかなか考えられていないことです。
意外に、体力的なことをしっかりと補うことにより、免疫が下がらずにいられ、風邪をひきにくく元気でいる時間が長い、ということがあります。
体力を落とさないということを治療目標に取り入れるだけでも、得られることがあるのです。

詳しいプロフィール

関連ブログ紹介

統合失調症、低血糖症、うつ病
うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際
うつ病、パニック障害、発達障害からがんの治療まで海外で広く実践されている「薬だけに頼らない」オーソモレキュラー療法を紹介します。
投薬治療が中心のうつ病や統合失調症などに多くの実績があり発達障害にも応用されています。
高濃度ビタミンC点滴療法は、がんの治療に新しい可能性を提供します。

健康と栄養
健康と栄養
22年の実績のある栄養療法カウンセラーが子供の健康と栄養を語ります。

オーソモレキュラー療法
携帯からアクセス
qrcode
<< 朝日新聞の”どくしょ応援団”でとりあげてもらいました | トップページへ | 栄養療法の効果 >>
先日の診療から・・・
JUGEMテーマ:健康


患者さんのお名前をお呼びしてから診察室へ来ていただくまで時間がかかるとき、それは患者さんが起立動作や歩行などの日常の動作すら思うようにできない状態になっていることが多くあります。

先日の診察でもそうでした。
電子カルテの予備メモを見ると、ガンの患者さんであることは分っていました。
家族といっしょに入室された男性の患者さんは、見た目の印象はお元気そうでしたが、持参した検査データはひどいものでした。

アルブミン 1.6g/dl

患者さんは、手術ができない状態だったので化学療法を受けていらっしゃいました。大きな病院なので、主治医から新薬の治験を勧められて用いていました。
その結果、腫瘍が少しだけ小さくなったそうです。
そして検査データが上記です。

見たところ元気そうでいらっしゃるのにこの検査データということは、最近の短期間に急激に栄養状態が悪化しているということを示します。
患者さんも、急に平地を歩くのも辛くなってしまったことに自分でも驚いているとお話されていました。

主治医からは、急激な全身状態の悪化があるためこれ以上の新薬を継続するかどうかは、自分で決めてくれと言われたそうです。
化学療法を継続するべきかどうかも相談されたので、今の状態では効果よりも全身状態の更なる悪化だけが予想されるので避けた方が良いと思うことを伝えました。

がん細胞だけでなく正常細胞にも多大なダメージを与えながら20%の縮小があったことで治験の報告には、「効果あり」と書かれていることでしょう。
そしてその結果として日常生活もできないほどの状態にしているのが現実なのです。

栄養アプローチの効果が得られてきたら、キッと患者さんは意欲もともなって向上してくることを実感いただけると思います。




| がんの治療 | 21:50 | comments(0) | trackbacks(0) |


コメント
コメントする
※ 投稿コメントは基本的にブログ内にて公開されます。非公開を希望される場合には、本文にその旨をご記載ください。個人情報(本名・メールアドレス)などの記載がある場合は、コメントの内容に関わらず非公開となります。
投稿者様側での編集・削除は行えませんのでご注意ください。削除依頼をいただいてもすぐにご対応できない場合があります。
また、個人的な症状の判断やお薬などの処方についてはお答えできません。
詳しくは、ブログ『統合失調症、低血糖症、うつ病』2013.1.23の記事をご覧ください。







この記事のトラックバックURL
http://healcancer.jugem.jp/trackback/193
トラックバック