がん治療

がん治療
医療法人回生會 新宿溝口クリニック 医師・歯科医師向けセミナーのご案内
栄養療法で毎日を元気に、穏やかに生きる。がん治療には、栄養摂取が必要不可欠です。標準的な化学療法や手術・放射線療法を行った患者さん方が治療後に生存した期間と、栄養療法を行った患者さんが生存した期間、双方には明らかな差がみられると言われています。

院長よりご挨拶
溝口 徹

溝口 徹(みぞぐち・とおる)
がん治療において、その過程で失われる体力をどのように回復させるか、またどのように低下を防ぐのか。これらは大きな問題点であるにも関わらず、現在の治療ではなかなか考えられていないことです。
意外に、体力的なことをしっかりと補うことにより、免疫が下がらずにいられ、風邪をひきにくく元気でいる時間が長い、ということがあります。
体力を落とさないということを治療目標に取り入れるだけでも、得られることがあるのです。

詳しいプロフィール

関連ブログ紹介

統合失調症、低血糖症、うつ病
うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際
うつ病、パニック障害、発達障害からがんの治療まで海外で広く実践されている「薬だけに頼らない」オーソモレキュラー療法を紹介します。
投薬治療が中心のうつ病や統合失調症などに多くの実績があり発達障害にも応用されています。
高濃度ビタミンC点滴療法は、がんの治療に新しい可能性を提供します。

健康と栄養
健康と栄養
22年の実績のある栄養療法カウンセラーが子供の健康と栄養を語ります。

オーソモレキュラー療法
携帯からアクセス
qrcode
<< 腹水や胸水について | トップページへ | ブログ統合のお知らせ >>
大晦日にあたり
JUGEMテーマ:健康


振り返るとこちらのブログは、半年以上も更新していませんでした。ですが、新宿でのがんの患者さんへの栄養療法は継続しています。
お伝えしたいことは山ほどあるのですが、病気の性格上どのようにお伝えしたらよいのか・・・・と考えているとついつい更新を怠ってしまっています。

がんという病気のために治療の効果が期待したとおりに得られないときには、普通の病気と異なるつらい結果になることが多くなります。
新宿で栄養アプローチを続けていただいている患者さんたちでも、今年1年で予想を超えた良好な改善が得られた患者さんもいらっしゃれば、残念な結果になった患者さんもいらっしゃいました。

数年前の初診時に余命数ヶ月と宣告された患者さまが、それまで行っていた抗がん剤や放射線療法などの標準療法に見切りをつけ、新宿で高濃度ビタミンC点滴治療と栄養療法を継続されてきた患者さまがいらっしゃいました。本年のあるときに残念ながらお亡くなりになりました。
主治医の余命期間の予想をはるかにこえた数年間でした。しかもその期間は御自宅でご家族とともに、普通に過ごされた数年間です。患者さんは、一度は余命数ヶ月と言われていたので、この数年間はみずから充実したものにしようとされていました。

別の患者さまもとても残念で悲しいことですがお亡くなりになりました。
発見されたときにはすでに手術ができない状況だったため、化学療法や放射線療法しか通常の治療では方法が残されていませんでした。
治療されていたのが有名な大病院であったこともあり、新薬の治験をうながされ試験的に新しい抗がん剤を試すことになります。ところが期待した結果は得られず、放射線や通常の抗がん剤による治療になりました。
見つかったときから高濃度ビタミンC点滴治療を併用していたので、通常の場合と比較して副作用は少なく抗がん剤の治療が継続できていました。
それでも徐々にがんが進行しときに主治医から強力に抗がん剤の投与による治療にかけてみないか・・・と言われます。まだ体力があるうちに強い抗がん剤をもちいて治療しよゆという提案です。
このような提案は、受けると決めても辛い副作用が明らかに想像でき、治療を受けないことを選択すると他に治療法がないと同じことになります。そのため多くの場合には、主治医からの提案を受け入れ、強い抗がん剤による治療に挑戦することになります。
今回も患者さんは入院による積極的な抗がん剤治療を選択されました。入院後の詳しい経過は不確かなのですが、結果として期待された効果は得られず残念なことにお亡くなりになられました。

がんの治療は、患者さん本人と家族の意向を最も重要視しなくてはなりません。
そのとき主治医からは確かな情報が提供されなければ、患者さんと家族は低い確率しか期待できない、さらに副作用が強い治療法を選択することになります。その副作用には抗がん剤に特有の強い免疫抑制がふくまれるので、些細な最近やウイルス感染によって重症化し容易に命に関わる事態に進むことになります。

通常の先生方、特にがん治療の専門機関にいらっしゃる先生方には、抗がん剤や放射線療法を拒否された患者さまの何もしなかったときの経過はあまり御存知ありません。さらに高濃度ビタミンC点滴や総合的な栄養アプローチをされたかたの経過は経験されたことはないと思います。
そのようなナチュラルヒストリーが、がんの専門医から紹介されると治療法を選択するときに参考になると思っています。

もちろん、残念な結果ばかりではありません。
余命1.5ヶ月と言われた患者さんが、1年以上の高濃度ビタミンC点滴と栄養アプローチでまったく元気にすごされ検査するたびに画像診断も腫瘍マーカーも正常になりつつある患者さんがいらっしゃいます。
今までとは比較にならないほど副作用がすくなくなり、自信をもって抗がん剤治療に取り組まれている患者さんもいます。
心配した再発がなく1ヶ月に1回程度の点滴とサプリメントによる栄養補充で経過を診ている患者さんもいらっしゃいます。

全国でがんと闘っていらっしゃる患者さんとご家族の方々が、1日1日を充実したものになることを強く意図しています。どのような治療に取り組まれる場合でも、正しい栄養補充はあらゆる治療の助けになり、生活の質の向上に貢献します。多くの情報が食事や栄養では提供されていますが、身体の基本はエネルギー産生とたん白質の代謝であることを忘れてはならないのです。


| がんの治療 | 16:59 | comments(1) | trackbacks(0) |


コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2013/10/31 3:39 PM |
コメントする
※ 投稿コメントは基本的にブログ内にて公開されます。非公開を希望される場合には、本文にその旨をご記載ください。個人情報(本名・メールアドレス)などの記載がある場合は、コメントの内容に関わらず非公開となります。
投稿者様側での編集・削除は行えませんのでご注意ください。削除依頼をいただいてもすぐにご対応できない場合があります。
また、個人的な症状の判断やお薬などの処方についてはお答えできません。
詳しくは、ブログ『統合失調症、低血糖症、うつ病』2013.1.23の記事をご覧ください。







この記事のトラックバックURL
http://healcancer.jugem.jp/trackback/198
トラックバック